2017年8月1日にビットコインの分裂騒動が起こったのは皆さんご存知ですか?

 

8月1日に実際にビットコインは分裂してしまい、従前から存在していたビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)という2つの通貨になってしまいました。

 

今回はこの分裂したビットコインキャッシュについて様々な観点からご紹介して行きたいと思います!

 

今回のビットコイン分裂、何故起こったのか?

今回のビットコインキャッシュの分裂が発生した理由は、非常に政治的な意味合いが色濃くなっております。

もともとビットコインのブロックチェーンのブロックサイズは1MBしかなく、スケーラビリティの問題がありました。

 

そしてこのブロックサイズを大きくすると、大手マイナーは多くの手数料を手に入れることができる一方、小規模マイナーは不利になってしまいます。

 

この点で意見が別れてしまい、そのまま通貨自体分裂してしまったのです。

 

分裂の仕方はいたって簡単でして、新しくスケーラビリティ問題を解決した形の仕様を実装したビットコイン(これがビットコインキャッシュ)を独自でマイニングし、それを新たな通貨として取り扱えば良いだけなのです。

 

何とも簡単に通貨を発行出来てしまう世の中になりました。

ただし、これに価値がつくかつかないかはまた別の問題なのです。

 

今回のビットコインキャッシュは大手マイナーが起こしたビットコインの分岐なので注目度も影響度も高いので一応の価値はついておりますが、今後使われなくなり、そのまま価値がなくなって行く可能性もありますのでご注意下さい。

 

ビットコインキャッシュはどこで手に入れられるの?

多くの仮想通貨取引所では2017年8月1日より前にビットコインを持っている人に対して8月1日以降にビットコインキャッシュを割り当てるということを行なっております。

 

国内の主要な取引所であるbitFlyer、Coincheck、Zaifでもビットコインキャッシュを割り当てておりますし、現在は各取引所でも取引することが出来ております。

 

分裂した新しい通貨ですが、ビットコインから派生した通貨であり、それも含めて顧客資産だと考えると、割り当てるのが自然ですね。

 

ビットコインキャッシュの現在の価値は?

ビットコインキャッシュ登場直後は800ドル近い価値を有しておりましたが、そこから一気に200ドル以下になりました。

 

その後また700ドルを超えましたが、そこから徐々に下降傾向ですね。

こんなに価値の変動が激しい通貨がもし法定通貨でなされていたら、、、と考えると恐ろしいですよね…。

 

上図のチャートから見てもわかるように、リーマンショック並みの価格変動が行われています。

 

今後ビットコインキャッシュはどうなるの?

イーサリアムがイーサリアムクラシックと分岐したように、今後もビットコインキャッシュも独立して現在は価値をつけているので今後も投機対象として取り扱われていくのだと考えられます。

 

しかし、ビットコインキャッシュは中国のごく一部のマイナーしかマイニングしていないため、いつまでマイニングし続けてくれるのかが非常に悩ましいところ。

 

マイニングを止めてしまった時点で通貨としての価値がなくなり、恐らく大暴落が発生するリスクも内在しています。

この辺りのリスクも考えた上で短期的に投資目的での購入が良いのではないでしょうか。

 

少なくとも長期保有はオススメできません。