仮想通貨取引を始めたいけど、どうやって口座開設すれば良いの?

 

と戸惑っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

というのも、多くの仮想通貨取引所では、書類の郵送というものがほとんどなく、PCから画面に入力する形を取っているため、ITに疎い方には少し難しく感じるかもしれません。

 

そこで、今回は、ビットコインおすすめの取引所はどこ?!の記事でもご紹介させて頂いた、「ビットフライヤー」での新規口座開設手順をどこよりも分かりやすくご紹介させて頂きます!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)新規口座開設手順

まず、ビットフライヤーさんのトップ画面を見てみると、

こんな感じで、メールアドレスを入力する欄がありますので、ご自身のアドレスを入力して「無料アカウント作成」ボタンを押して下さい。

 

 

そしてメールアドレスを入力してボタンを押すと、こんな画面が出てきます。

登録したアドレス宛に「キーワード」を送付したので入力して下さいとのこと。

 

ということで、自分のメールボックスを確認。

来てますね。

上から2段目のキーワードと記載された欄の下にある、ランダムな大小英数字の羅列をコピーして、先ほどの画面の入力欄にペースト。

 

すると初回ログインが出来ます。

初回ログイン時には、上記のような同意画面がありますので、全てにチェックを入れてください。

 

チェックを入れると次に、取引までの流れを説明してくれる画面が出てきます。

これ以降、この画面に従って情報を入力していくことになります。

 

 

まずは以下のような基本情報を入力する画面に誘導されますので、

  • ご自身の氏名、
  • 性別、
  • 生年月日、
  • 住所、
  • 携帯電話番号or固定電話番号

を入力して行きます。

 

入力が終わると確認画面に遷移しますので、ご住所の入力に誤りがないか必ず確認してください。

 

そして、「登録する」を押すと、下記の画面が出てきますので、続けて本人確認書類の提出フローに移ります。

 

本人確認書類とは、ご自身で入力された住所が本当にあなたが住んでいる住所なのかを確認するためにアップロードを求められます。

書類として有効な書類は、

  • 運転免許証、
  • パスポート、
  • 健康保険証や住民票です。

 

これらを下記の画面にある案内に従って、アップロードする必要があります。

 

次に、銀行口座情報を登録します。

下記の画面に従い、ご自身名義で保有している銀行口座を登録して頂きます。

 

これで新規口座開設手順としては完了になります。

あとは、本人確認書類として提出した住所に向けてbitFlyerから転送不要郵便が届きます。

 

簡易書留で郵送されて来ますので、それを受け取り、指定の口座へ入金が完了したら次に取引開始することが出来ます。

 

  • 取引方法の開設については、「bitFlyer使い方・取引方法解説」にてご紹介していますので、参考にしてください。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。

bitFlyerの画面は非常に考えて作りこまれているため、操作に悩むことはほとんどございません。

 

また、株やFXと異なり、書類が届いて、記入して、返送して等々の煩わしい操作が一切ないため、非常に簡単に口座開設をすることが出来ます。

 

また、少額から取引を開始することができるため、初心者にとってはとりあえず口座開設だけしておくのも良いかと思われます!

 

▶bitFlyer(ビットフライヤー)と同じぐらい人気!Coincheck(コインチェック)使い方・取引方法はコチラの記事を参考にして下さい!