ビットコインには、法定通貨(円やドル)やアルトコインと比較して、いくつかのデメリットが存在します。

 

ブロックチェーンなど、将来性が注目されるビットコインですが、それらにもしっかりと目を向けていきましょう。

 

価値の保存には向かない

現在、ビットコインは暴騰と暴落を繰り返しており、金や銀のように貨幣価値の長期保存には向いていません。

 

さらに、これには法定通貨と比較して、「価値を保証する機関が存在しない」という点もリスキーといえます。

 

もしビットコインが破綻してしまっても、保証してくれる国や銀行はいないのです。

 

投機対象としての面が強く、流動性が低い

上記のような点から、現在は投機対象としての側面が強いものであるといえます。

 

しかしながら、FXや株式と異なり、まだまだ新しいコンテンツなので、ユーザーが少なく流動性も抑えめです。

 

ですが、この流動性の問題は、2017年になってから市場規模の拡大とともに払拭されつつあります。

 

 匿名性が高い

匿名性が高いことは、メリットでもあり、デメリットでもあります。

 

なぜなら、匿名性が高いということは、企業間取引などに活用できる一方、マネーロンダリングなどに利用される危険性も考えられるためです。

 

事実、ダッシュコインやモネロといった、匿名性の高い「匿名暗号通貨」と呼ばれるアルトコインは、ブラックマーケットで取り扱わるなど、犯罪の温床となるリスクも抱えています。

 

発行量の上限が定められている

ビットコインは、総発行量が2100万ビットコインと定められています。

 

これは、ビットコインがインフレに陥らないようにする措置として設定されているものです。

 

ですが、見ての通り現在はデフレ経済に陥っており、将来的にもデフレが止まらない可能性があります。

 

このように、ビットコインの実用性を訴えるうえで、ビットコインを中心とした経済圏がそもそも成立しない、という懸念は払拭できないものとなっているのです。

 

上記4点、

 

  1. 「価値の保存」
  2. 「流動性が低い」
  3. 「匿名性が高い」
  4. 「発光量上限」

 

が、ビットコインが抱えるデメリットであり、課題でもあります。

 

ですが、発行量上限などについては、「ビットコイン2.0」と呼ばれるアルトコイン群が解決しているなど、これからの進化とともに解決されていく問題でしょう。

 

ゆえに、これらデメリットにどう向き合っていくか、が仮想通貨界全体の課題でもあります。

 

まとめ

  • 大きな将来性が見込まれるビットコイン、取引には大手取引所を

ビットコインは未だ普及段階にあります。

 

上記の4つのデメリット

  • 「価値の保存に向かない」
  • 「流動性が低い」
  • 「匿名性が高い」
  • 「発行量上限がある」

は、実用性を高めるうえで、向き合っていかねばならない問題といえます。

 

ですが、ビットコインを中心とした経済、ビットコインの仕組みであるブロックチェーン技術の注目度など、仮想通貨は大きな将来性を持っているのも事実です。

 

これからますます、仮想通貨の波は広がっていくでしょう。

 

もし、ビットコインを投資するのであれば、日本国内では以下の取引所を使うのがオススメです。

 

 

★ビットコイン初心者におすすめNo.1★
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


★ビットコイン取引量No.1取引所★
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で