★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
知っておきたい合法的な節税の方法もご紹介します!
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!

★メアド登録でリップル1万円分貰える!★


ビットコイン、あるいは仮想通貨全体に共通するリスクとして挙げられるのが「取引所の破たん」と、「大暴落」という2点です。

このリスクについてはさまざまな所で論じられていますが、ただ「危険だ」という認識がひとり歩きしているだけなのではないか?と疑問に思う方も少なくないでしょう。

 

本記事では、実際にビットコインをはじめとする仮想通貨が「国内において破たんするリスクがあるのか?」「今後大暴落する可能性があるのか?」を解説します。

それを踏まえ、どういった投資をしていくべきか、を初心者向けに紹介していきましょう。

 

ビットコインのセキュリティ上の危険

目に見えない通貨であるビットコインは、もとを辿ればただのデータに過ぎません。

それゆえ、簡単に消失してしまったり、盗まれてしまったりするのではないか?という不安を抱く方もいるのではないかと思います。

 

その背景には、かの有名なマウントゴックス社の「ビットコイン消失事件」で根付いたイメージが大きく影響しているでしょう。

2014年3月に、当時世界最大のビットコイン取引所だった「マウントゴックス社」から115億円相当のビットコインが盗まれ、同社が経営破たんに陥った事件です。

これによって、仮想通貨というもののイメージを大きく変えてしまいました。

簡単に流出してしまう、投資対象としては向かない、など。

逆に、この事件をきっかけに仮想通貨の存在を知った人も多いのではないでしょうか。

 

マウントゴックス社事件のような流出事案は再発する?

しかし、このようなビットコインの流失事件は、取引所のセキュリティが突破されることによって起きるのが原因です。

 

ビットコイン自体は「ブロックチェーン」と呼ばれる強固なセキュリティによって守られているため、消失リスクはありません。

 

この事件は「ビットコイン自体に脆弱性がある」と言われることが多いのですが、ここでお伝えしたいのは「ビットコイン自体に消失・改ざんリスクはない」という点です。

 

結局、国内でビットコインは危険無く保管できる?

それでは、結局「ビットコインは安全なの?」という点ですが、現状では「現金と同じリスクがある」という回答に落ち着きます。

 

現金でも、銀行から盗み出されるリスクや銀行が破たんに陥ってしまうリスクがあると思いますが、仮想通貨でも同様です。

 

つまり、「セキュリティがしっかりしていて、かつ経営が安定している取引所に預ける」のが危険無く保管する方法です。

もっとも安全に保管するなら、ローカルPC環境のビットコインウォレットを利用する手もあるでしょう。

 

いわゆるタンス貯金のようなものですね。

 

「仮想通貨」という概念には、いろいろな懸念がつきまといますが、現状では利用者も増えており、保管方法も多岐にわたります。

保管する方法さえ間違えなければ、消失リスクはあまり考えなくても問題ない所まできているといえるでしょう。

 

それでは、続いて「貨幣価値」としての危険性について解説していきます。

 

仮想通貨が暴落する危険はある?

2017年12月現在、ビットコインの価格は1BTC=160万円と、1年前の同時期(おおよそ10万円前後)の約16倍になっています。

これほどまでに急成長した背景には、2017年に仮想通貨の知名度が爆発的に上昇し、さまざまな層が投資目的で資金を投入したことが挙げられます。

 

このビットコインをはじめ、仮想通貨がこれから暴落する危険というのはどの程度あるのか(=投資対象として安全なのか)という点について解説していきます。

 

相場の振れ幅は激しい

 

上記は、10月下旬からの直近3ヶ月のチャートですが、11月下旬からの値動きを見ると、わずか1ヶ月の間に100万弱→220万→150万と価格が変動しています。

この異常なまでのバブルは、もはや何が起きてもおかしくないという状況といえます。

 

実際、ビットコインはこれまでに何度も高騰と暴落を繰り返しています。

現在も暴落しているといって良い状況ですし、ほんの少しネガティブなニュースが流れただけでビットコインはすぐ暴落します。

 

暴落する危険があるどころか、常に暴落する可能性があるということを念頭に置いて投資しなくてはならない、ビットコインはそんな投資対象です。

 

とはいえ、実際はビットコインの需要は右肩上がりです。

実用性という面においては、世界各地でビットコイン決済の取扱が始まっていますし、他の仮想通貨とトレードする用途でもビットコインは広く使われています。

 

実際、日本でもビックカメラが海外顧客を取り込む目的でビットコイン決済を導入しました。

 

そのため、マクロの視点で見れば今後も相場は上がり続けていくと予想されています。

 

まとめ:実生活に影響を及ぼさない範囲での投資を

ビットコインをはじめとする仮想通貨の危険性についてまとめると、

 

  • セキュリティ上での危険性…現金と同じリスク。取引所(銀行)から盗まれたり、取引所(銀行)が破たんしたりするリスクはある。ビットコイン自体は危険ではない。

 

  • 投資対象としての危険性…高騰と暴落を繰り返しているので、これからも買った瞬間暴落する…などのリスクはある。長期的に見れば実用性が上がっているので、これからも需要が増え続けていく=相場は上がっていくと予想されている

 

という2点です。保管方法と付きあい方次第で、自分にとってプラスにもなるしマイナスにもなるといえるでしょう。

 

ビットコインは、まだまだ投資対象としては歴史の浅いものです。

 

実生活に影響を及ぼさない範囲での投資を心がけていけば、いい付き合い方が出来るでしょう。

 

 

★メアド登録でリップル1万円分貰える!★


★ビットコイン初心者におすすめNo.1★
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


★ビットコイン取引量No.1取引所★
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!