★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
知っておきたい合法的な節税の方法もご紹介します!
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!

★メアド登録でリップル1万円分貰える!★


世界にはビットコインをはじめさまざまな仮想通貨があり、その数は1000を超えると言われています。

 

中には時価総額が1000億円を超えているものから、詐欺紛いのものまで、まさに玉石混交なのが現実ですが、いったい、実際に取引されている仮想通貨は何種類あるのでしょうか?

 

本記事では、取引されている仮想通貨が何種類か、そのうち時価総額が1000億円を超えている仮想通貨や日本で購入できる仮想通貨はどれくらいあるのか、を解説。

 

仮想通貨だけでなく、それらを取り扱う取引所の種類も紹介していきます。

 

実際に取引されている仮想通貨は1065種類

 

2017年12月現在、仮想通貨チャートを配信している3サイト「Crypto-Currency Market Capitalizations(https://coinmarketcap.com/all/views/all/)」を参考に、現在取引されている仮想通貨の種類を調べたところ、現在チャート情報が存在する仮想通貨は「1065種類」でした。

 

他のチャート情報サイト「CoinGecko」では1012種類

「coincap」では1036種類のため、実際に取引されている仮想通貨は1000種類強とみて間違いありません。

 

 

ちなみに、取引されているものとそうでないものを含めると、「Crypto-Currency Market Capitalizations」に登録されている仮想通貨は全体で1380種類あります。

登録されていない仮想通貨も多数あるかと思いますので、世界全体でいえば1400種類以上はあるのではないでしょうか。

 

しかし、この膨大な数の中で実際に投資対象として価値が高いのはごくわずかです。

 

続いて「時価総額1000億円以上の仮想通貨」が何種類あるかをチェックしていきましょう。

 

時価総額1000億円以上の仮想通貨は35種類(2017年12月現在)

2017年12月現在では、35種類もの仮想通貨が時価総額1000億円を突破しています。

 

1年前は10種類にも満たなかったことを考えると、2017年の仮想通貨フィーバーは誰もが想像を絶するものであったといえます。

 

今後も、勢いを伸ばしている「Steem」や「Augur」などが、まもなく時価総額1000億円超えを果たすとみられています。

 

日本国内の取引所で購入できる仮想通貨は14種類

時価総額がとんでもない数値になっている仮想通貨ですが、これらはすべて取引所で購入してはじめて資産となるものです。

 

実際に投資するにあたっては、海外の取引所はリスクが高すぎる(日本の法律で一切守られない、完全自己責任)ので、仮想通貨を買うのは国内で上場している取引所が主となるでしょう。

 

この世界で取引されている仮想通貨1063種類に対し、日本国内の取引所で購入できるのは以下の14種類です。

 

 

・BitCoin(ビットコイン)

・BitCoin Cash(ビットコインキャッシュ)

・Ethereum(イーサリアム)

・Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)

・Ripple(リップル)

・LiteCoin(ライトコイン)

・NEM(ネム)

・MONACoin(モナコイン)

・Lisk(リスク)

・Factom(ファクトム)

・Monero(モネロ)

・Augur(オーガー)

・Zcash(ジーキャッシュ)

・DASHCoin(ダッシュ)

 

 

このうち「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」は、多くの取引所で取り扱われています。

 

それでは、この仮想通貨をやり取りするための取引所の数はいくつあるのでしょうか?

 

仮想通貨を取引できる国内の取引所は13種類

上記14種類の仮想通貨を取引できる、日本国内の取引所は以下の13種類です。

 

 

・BitFlyer(bitFlyer使い方・取引方法解説!

・Coincheck(Coincheck使い方・取引方法解説!

・Zaif(Zaif使い方・取引方法解説!

・bitbank(https://bitcoinbank.co.jp

・BTCBOX(https://www.btcbox.co.jp

・Kraken(https://www.kraken.com

・QUOINEX(https://ja.quoinex.com

・Lemuria(Lemuria使い方・取引方法解説

・Z.comコインbyGMO(GMOコイン)(https://coin.z.com/jp/

・BITPOINT(https://www.bitpoint.co.jp

・みんなのBitcoin(https://min-btc.com

・FISCO(https://fcce.jp

・BitTrade(https://bittrade.co.jp

 

 

多くの投資家におすすめされている主要な取引所は「Coincheck」「BitFlyer」「Zaif」の3つです。

はじめて投資を行うなら、この3つの取引所に登録しておくとハズレがありません。

 

まとめ:1500種類もの仮想通貨、今後も増える?

世界には1500種類もの仮想通貨がありますが、時価総額1000億円を超えるなど投資対象としての価値が高いのは、多く見積もっても60種類前後です。

 

日本で取引できるのはこのうち14種類ですので、どの銘柄に投資するかは将来性を見つつ検討すると良いでしょう。

 

仮想通貨は21世紀最大の発明と言われており、その将来性には大きな期待が寄せられています。

 

今後もまったく新しい仮想通貨が世の中を席巻するかも知れません。

 

期待して待ちましょう!

 

 

 

 

 

★メアド登録でリップル1万円分貰える!★


★ビットコイン初心者におすすめNo.1★
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


★ビットコイン取引量No.1取引所★
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!