★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
知っておきたい合法的な節税の方法もご紹介します!
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!

 

イーサリアム(Ethereum)という仮想通貨をご存知でしょうか?

 

ビットコインの次に時価総額の大きい主要な仮想通貨の一つとして認識されている通貨です。

 

ビットコインと異なる特徴として、PoSを採用し、スマートコントラクトの仕組みを採用しています。

 

今回は、このイーサリアムについてご紹介していきたいと思います。

 

イーサリアム(Ethereum)って何?

 

イーサリアムはビットコインではありません!

イーサリアムはオルトコインと言う種の仮想通貨です。

オルトコインについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さいね!▶仮想通貨・国内取引所の種類は?日本で買える仮想通貨や主要取引所を紹介

 

イーサリアムは、2013年にVitalik Buterinによって示され、2014年2月にその構想を開発致しました。

 

イーサリアムとは、分散型アプリケーションやスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームとして開発されております。

 

そのため、イーサリアム=スマートコントラクトといったように、スマートコントラクトという言葉が必ずセットで話がなされます。

 

また、ビットコインとの違いとして、ネットワーク維持のためにProof Of Stakeを採用している点です。

 

これにより、Proof Of Workのような複雑かつ無駄な計算をさせて電力を消費するようなことをしなくとも、ネットワークを維持することが出来る仕組みとなっております。

 

PoS(Proof Of Stake)とは?

では、そのProof Of Stake(以下PoS)の仕組みをProof Of Work(PoW)と比較しながら簡単に説明して行きたいと思います。

 

まず、PoWでは、パソコンの余剰能力を使って複雑かつ無駄な計算をさせます。

そして、その計算を一番早く解けたノードに対して新規に発行された仮想通貨が報酬として割り当てられます。

この仕組みを採用しているもっとも有名な仮想通貨が“ビットコイン”なのです。

 

 

ですが、この計算をする際に、ハイスペックマシンを可能な限り動かすため電力の消費が激しく、「電力の無駄遣い」「環境に悪い」と指摘されております。

この代替案としてイーサリアムではPoSという方法を用いてネットワークの維持を行っております。

 

PoSでは、PoWのようなWorkの量、速さでネットワーク維持を行うのではなく、保有している仮想通貨の量に応じてマイニング(PoSでは鋳造と呼ばれている)がなされます。

したがって、保有している量が多ければ多いほど、マイニングを優位に進めることが出来ます。

 

PoSのメリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • PoWのような無駄な電力を消費しない
  • 51%攻撃に対して強い

 

しかし、PoSも完全ではなく、保有していればいるほどマイニングが優位になるため大量保有者が増えてしまい、流動性がなくなってしまうのではないかという課題もあります。

 

スマートコントラクトとは?

イーサリアムとほとんどセットで議論に挙げられるのがスマートコントラクトという言葉です。

 

スマートコントラクトとは、直訳すると賢い(Smart)契約(Contract)となりますが、ここで言うスマートはスマホと同じ意味で捉えて頂ければ分かりやすいかと思います。

ようするに、スマートに契約を履行する仕組みを意味し、あらかじめ決められた行動を起こした場合に自動的に実行される仕組みを指します。

 

イーサリアムが出てきてスマートコントラクトという言葉が注目され始めましたが、実はスマートコントラクトという言葉はイーサリアムが開発されるよりも以前からあり、1994年にNick Szaboという法学者・暗号学者によって最初に“自動販売機がスマートコントラクトだ”と提唱されました。

 

確かに、あらかじめ決められた行動(入金口に150円を入れて欲しい飲み物のボタンを押す)を起こすと、契約が履行されます(欲しい飲み物が下から出てくる)。

 

スマートコントラクトのメリットは、相手を選ばず信頼性が不要な点です。

全てがプログラムで自動化されているため、信用性無くして契約を締結することが出来ます。

 

今後のイーサリアムの動向

イーサリアムはPoSを採用しており、課題こそありますが、大量保有していれば51%攻撃を受けないという特徴を活かし、イーサリアムベースでの新規通貨発行(ICO)が多くなされております。

 

新規に仮想通貨を発行して資金調達をしようと考えている企業にとっては半分を市場に回して資金調達をしつつ、51%攻撃を受ける心配も維持コストも掛からないので確かに使いやすいものとなっております。

 

今後も、イーサリアムベースでの新規通貨の発行が多くなると想定すると、今後もイーサリアムの需要は高まって行くのではないかと考えられます。

 

如何でしたでしょうか。

 

今回はイーサリアムをご紹介させて頂きましたが、イーサリアム以外にも興味深い仮想通貨は様々あります。

 

是非この機会にご自身でも“推し通貨”を探してみてください!

 

 

 

イーサリアム(Ethereum)が購入出来る、国内の人気NO1販売所【コインチェック】登録はコチラ▼▼

★ビットコイン初心者におすすめNo.1★
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


★ビットコイン取引量No.1取引所★
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!