★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
知っておきたい合法的な節税の方法もご紹介します!
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!

★メアド登録でリップル1万円分貰える!★


仮想通貨の世界では、ビットコインが、一番時価総額が高く、次にイーサリアム、そしてビットコインキャッシュやリップルも時価総額上位に入っております。

 

そもそもこの時価総額の算定方法はご存知でしょうか?

 

仮想通貨を購入する際には、是非とも時価総額にも注目して頂きながら購入して欲しいので、今回は時価総額についてご説明していきたいと思います。

 

そもそも時価総額ってなに?

株式時価総額では、ある企業の株価に発行済株式総数を掛けたものを指します。

 

そして時価総額が大きいということは市場価値が高く将来性もあると見られます。

 

ちなみに、株式時価総額世界一は“アップル”です。

 

7240億ドルで堂々一位です。

 

二位以下の企業と比べてもダブルスコアで勝利しています。

 

これを仮想通貨に当てはめてみますと、まず株式の代わりになるのが、発行済通貨の数量です。

 

この発行済通貨の数量と現在の価格を掛けることで、当該仮想通貨の時価総額を算出することが出来ます。

 

ビットコインの時価総額は現在20兆円にまで高騰しております。

 

このように、時価総額は発行済数量と当該通貨の価格によって異なるのです。

 

時価総額と仮想通貨の関係

株式の場合、発行可能上限株数を定めたり、増資するにしても様々な法的な手続きを経て行われることになりますので時価総額がガタっと下がることもあまりないのですが、仮想通貨の場合は急なAirDropやそもそもの仕組みで発行上限がない通貨、途中で発行上限をつける通貨等々様々なことが行われます。

 

そのため、急な価格変動による時価総額の変動がなされます。

 

加えて、株式と異なりストップ高ストップ安という一日の制限値幅が設けられていないため、価格が青天井でつり上がって行き、フリーフォールのように落ちて行きます。

 

時価総額から購入する仮想通貨を選ぶ方法

投機目的であれば、時価総額がまだ低く、発行上限を設けている仮想通貨に投資しておくと需要が高まった時に一気に価格が高まる可能性があります。

 

反対に発行数量無限の仮想通貨は一定以上の価格には成りにくいと考えられています。

 

いずれにせよ、仮想通貨、特にオルトコインの投資を行う場合にはプロジェクトに共感出来るものに投資することをお勧めします。

 

時価総額ランキングを確認したい場合は、coincap.ioというあらゆる仮想通貨のマーケット規模や価格等をリアルタイムに表示してくれているサービスがございますので、そちらをチェックしてみてください!

 

意外と国内では知られていない時価総額が高く、1コインの価格も安い掘り出し通貨が見つかるかもしれません!

★メアド登録でリップル1万円分貰える!★


★ビットコイン初心者におすすめNo.1★
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


★ビットコイン取引量No.1取引所★
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


★爆上げするICO情報やこれから上がる仮想通貨が丸わかり!★
億り人になりたい方は今すぐ登録!
*ワンクリックで登録完了します!